もふもふな日常。。

☆はてなブログna日々☆

自転車 可変ステム交換レビュー

自転車 BV-207  可変ステムに交換してみた!

 

f:id:msnj88321:20171121124443j:image

先日購入したWACHSEN ヴァクセン BV-207 ミニベロのハンドルポジションが私にはキツくかなりの前傾姿勢となるので長距離マッタリ走行だとしんどい…

 

(↓↓↓スポンサーリンク)

 

 

と、言う事でポジションを変更出来る可変ステムを購入してみた!

f:id:msnj88321:20171121124721j:image

 

↓↓↓ 今回購入したのはコチラ

kalloy(カロイ) 可変アルミステム 90mm ブラック φ25.4 AS-820

kalloy(カロイ) 可変アルミステム 90mm ブラック φ25.4 AS-820

 

 

 

 

早速、DIYにて作業

基本的にチャリに付属していた六角レンチで簡単に取り付けが行えました!

 

交換後がこちら!

f:id:msnj88321:20171121124753j:image

 見た目にも違和感無くとても良いです!

f:id:msnj88321:20171121124813j:image

 

f:id:msnj88321:20171121124836j:image

六角レンチを常備すれば可変調整で気軽にいつでも角度が変更出来て楽です!

飛ばしたい時は角度低めの20度(20度でも純正よりラクポジです)に、マッタリ走りたい時は30・40度で使用する為、この範囲で角度を変えてもブレーキポジションが変にならないようにハンドル取付けを行いました!

 

 (↓↓↓スポンサーリンク)

 

変更前後はこんな感じ!

【ビフォー】

f:id:msnj88321:20171121124627j:image

【アフター】

f:id:msnj88321:20171121124647j:image

↑角度設定20度時

もう少しブレーキポジションを下げないと40度だと上がり過ぎるので後日調整ですね…

 

【まとめ】

ハッキリ言ってこれはめちゃくちゃ良いです。

自分の体型、用途に合ったポジションに六角レンチ一本で気軽に変更出来るのは最高です。

当然ながら、低めの20度にして走行しただけでもかなり腰や腕の疲労は軽減されました。

長く乗る愛車なら是非交換しておきたいパーツですね!

 

と、ライトですが

これも気軽に可変する様な物を付けるとどんな角度のハンドル設定でも対応出来ますよ!

過去記事でレポートしていますので覗いてみて下さいね!

 (↓↓↓ライト詳細はこちら)

msnj333.hatenablog.jp

 

 

kalloy(カロイ) 可変アルミステム 90mm シルバー φ25.4 AS-820

kalloy(カロイ) 可変アルミステム 90mm シルバー φ25.4 AS-820

 

 

 

 

  

 

 

 

Bazooka(バズーカ) アジャストステム 25.4/95mm ブラック